工務店の選び方は重要|安心して暮らせる家にするために

耐震性の高い家

積み木

工法に合わせて補強する

日本は地震が多く国なので、住宅を建てる時には地震に強い家を作ることが大切になります。住宅には木造と鉄骨造の二種類がありますが、それぞれ地震に強い家を建てるときの工法が異なります。木造の住宅で古くから採用されているのが軸組工法で、柱と梁を組み合わせて住宅に耐震性を持たせます。軸組工法で地震に強い家を建てるには、柱と柱の間に筋交いや金物で補強を入れることが重要です。また筋交いに揺れを少なくする装置を取り付けることによって、飛躍的に地震に強い家になります。軸組工法は日本の風土や気候に適しており、間取りも自由に作ることができるため、軸組工法で地震に強い家を建てる際には筋交いを補強しましょう。木造の住宅で近年、増えてきている工法がツーバイフォーと呼ばれる壁によって住宅を支える工法です。従来の柱で支える工法と比べてツーバイフォーは面で支えるため、住宅の重さを分散することができ地震に強い家になります。ツーバイフォーは柱を必要としないため、短期間で住宅を建てることができるメリットがあります。耐震性を高めるには壁の面積を広く取ることが重要なので、地震に強い家にするには窓などの開口部分を少なくする事がポイントです。鉄骨造の住宅は柱の強度が木造よりも強いため、骨組みだけでも木造住宅よりも地震に強い家になります。住宅の重量が重くなるため、鉄骨造の住宅を地震に強い家にするには地盤改良を行ったり基礎を強くします。